どうも abeちゃんです

フライパンと鍋が一個ずつになって
二ヶ月が経ちました

夏はサラダや冷奴など
火を使わないメニューが多いためか
特に困ることはありませんでした

小ぶりなフライパンと鍋が欲しいと思いつつ
買わないままに秋を迎えました


なぜそれだけでやっていけるのか

厳密に言えばそれだけじゃないんだな

シリコンスチーマーとか耐熱容器で
蒸し料理やレンジでチン料理もしてました


そもそもですね

同時進行で料理をしないんです

アレをしながらコレもするってのが
得意でないのです

副菜を作ったら皿や容器に移して
フライパンを洗う

それから主菜作りに取り掛かる
って感じです

だからこれだけでやってこれました
KIMG5197
ついこの間
夫が夕食作りに立候補してくれました

「チキン南蛮を作るぞ!」だってさ

フライパンと鍋を買い足してないため
内心とても焦りました

「道具がないからできん!」
って言われたらショックだよ

けれども意外や意外
道具の少なさを咎められることなく
作業が始まりました

夫の感覚も麻痺してきてるんだろうか


私は横で必死に洗い物のサポートです

ゆで卵と甘酢とチキンフライ作りを
無事にフライパン一つでやり遂げました


冷や汗もんだったな

うーん

フライパンとお鍋が一つずつな生活

悪くないけど

悪くはないけど

こんな時はちょっと心もとないな


冬になるとちょくちょく
アップルパイ作る夫

りんごを煮る時に
さすがに小鍋が欲しいって言うだろうな

フライパンとお鍋が一つずつな生活も
ここら辺が潮時かな


なんで買わずにいるのかって?

ただ面倒だからです

道具が少ないことよりも
買いに行って選ぶことの方が面倒って
どういうことよ

フライパンもはげてきたし
近々ホームセンターにでも行ってきます


フライパン一つだとハゲるのが早い
応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

ブログの更新通知をLINEで受け取れます
↓