うちの次男は小学校行きしぶり児だ

朝さんざん行きしぶるが
なんだかんだで一学期は皆勤賞だった

二学期は少しだけ期待していた

二学期から行くようになりましたよという
声がちらほらあるからだ

二学期がスタートして二週間が過ぎたが
相変わらず行きしぶっている

ガックシ…

期待してしまったぶん落胆も大きかった


一つ救いなのは彼が元気に帰ってくること

朝すんなり学校に行くのが
しゃくにさわるのかな?

すんなり行ってたまるか!って

毎朝軽く荒れてやれ!って

そんな意識があったりするのかな


私だってそうなのよ

毎朝毎朝付き添って登校するのに
イヤミの一つも言いたくなる

腹の虫がおさまらずに
実際口にしてしまうことだってある

私もおとなげないねぇ 


なんとなく悟った

あと数年はこんな感じなんじゃないかと

まだどこかで腹をくくれてなかったんだな私は

朝からハードだけど受け入れるしかない

相手まかせに期待だけしてちゃだめね

私ももっと大人にならんと…
20190910_071629
次男の成長は感じている

行き渋りタイムが短くなったし

宿題でわからない問題が出てきた時の
私に対する八つ当たりタイムも短くなった

ハンカチや水筒など
これじゃやだ!と朝ゴネることが減ったし

時間割に愚痴ることも少なくなった

そう

誉めポイントはいっぱいあるんだ


できない子ほど可愛いという言葉があるが
そうは思わない

頼むからできてくれと思う

だけど彼なりに一生懸命やってる姿ってのは
やっぱり可愛いものよ


可愛んだけどさ 

誉めるのも楽じゃないよ

イライラしてたり疲れてたりすりゃ
バカバカしく感じるときもある

でもたった一人の母親だからね

がんばってヨイショするわよ


僕なんてどうせ算数できないんだ

僕なんてどうせ国語できないんだ

僕なんてどうせ字が下手なんだ

僕なんてどうせ絵が下手なんだ

彼から『僕なんてどうせ』という意識
取り除いてあげなきゃ

ずっと誉め続けるしかない

どんな小さなことでも

おならだって誉めてやるんだから

『いい音してるね!』

『ナイスタイミング!』

なんて感じでね
 

読んでくれてありがとう!
応援クリックしていただけると喜びます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


ブログの更新通知をLINEで受け取れます